サラリーマンです、人は見かけによりません


by 55wiy5ha6u

「暴力団事件、負担大きい」=覚せい剤密輸で裁判員−東京地裁(時事通信)

 香港から覚せい剤を密輸入したとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われた元暴力団幹部新井良幸被告(43)の裁判員裁判の判決で、東京地裁(秋葉康弘裁判長)は4日、懲役12年、罰金600万円(求刑懲役16年、罰金800万円)を言い渡した。
 裁判員経験者らは会見で、暴力団関係者を裁くことについて6人中4人が「怖かった」と回答。暴力団事件を裁判員対象とすることについて、「精神的な負担が大きく、裁判員が裁くことには反対」(30代女性)、「自分の感覚で裁くのは難しく、適切かどうかは分からない」(別の30代女性)などの意見も出た。
 共犯とされた証人2人が宣誓を拒否して退廷を命じられたことについては、「びっくりした」(20代女性)、「暴力団(事件)ならではと思った」(50代女性)と話した。 

「指揮官を一人に」橋下知事、関西州の実現訴え(読売新聞)
「大島幹事長の顔怖い」自民懇談会で不満(読売新聞)
山陽新幹線上り、新大阪―広島駅間で運転見合わせ(読売新聞)
<裁判員裁判>初の「心神喪失で無罪」主張 東京の放火事件(毎日新聞)
5歳餓死、虐待発覚恐れ祖父母に3年会わせず(読売新聞)
[PR]
by 55wiy5ha6u | 2010-03-09 06:15